ダイエットの食事法ってなんでしょう?

よくダイエットには食事制限と適切な運動が必要、と言いますが、なぜ食事制限が必要なのでしょうか。それはダイエット成功の仕組みはとてもシンプルで、摂取カロリーを消費カロリーが上回ればどんな人でも、確実に痩せます。ここでは、食事ダイエットのポイントを紹介します。

  • 食事回数を増やして小分けして食べる

普段の食生活で最も多いと言われていることには、一日の食事の回数が3食ではないことが挙げられます。特に朝食を食べない人は多いと言われており、これは食事制限とは言わずむしろ太るためのきっかけを作っているだけになります。

  • 炭水化物は正しい時間帯に摂る

炭水化物は「摂らない」ではなく「正しい時間帯に摂る!」これが大切です。1日の後半になるほど炭水化物を摂取すると脂肪として蓄積しやすくなります。よって1日の後半の食事になるほど炭水化物の摂取量を抑えていくようにすることが効果なのです。

  • 食事は良く噛んで食べる

普段から食事を意識的によく噛んで食べることをするだけで痩せることが

できると言われています。これは咀嚼することを意識的にすることでストレスを解消をするだけでなく早食いを防止することで肥満を予防する効果もあります。たったこれだけのことで、痩せる事が出来るわけです。しかも、咀嚼が増えることで消化酵素を含むアミラーゼが唾液の分泌を促すことで食べ物の消化や吸収がよくなります。こういっただ噛むという作業をするだけで脳にも刺激が行き骨や筋肉が動くことで血液の循環が良くなります。まずは一日三食の食事を習慣化させることが何より大切です。

  • 糖質を味方につける

早くやせたいからと糖質を極端に控えてしまうと、脳が飢餓状態と判断して体脂肪をためこもうとするので、かえってやせにくくなると言われています。1日3回の食事で、毎食子ども茶わん1杯(80g)または8枚切り食パン1枚分は食べるようにしましょう。野菜やきのこ、海藻などの食物繊維を先に摂って、血糖値の上昇をゆるやかに保つのもコツ。

  • ジュース、アルコールは控える

食事制限ダイエット中の飲み物は基本的に水かお茶のみとなります。果汁100%ジュースには果糖が多く含まれていますし、カロリー0のジュースにも甘味料が多く入っています。アルコールですが、ビールやワインには糖質が多く含まれているため、血糖値を上げてしまいます。